すきっ歯の治療方法は、歯列矯正以外にもあった!

投稿日:2017年2月21日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。
海星会スタッフWです。

今回、自分自身のコンプレックスでもある、
「すきっ歯」を治す方法について、
少し調べてみた事をお話させていただきます。

当ブログを見ていただいている方々の中にも
私と同じお悩みを抱えてらっしゃる方がいると
思いますが、

前歯のすき間気になりますよね。
前歯のすき間のせいで、口を大きくして笑えなかったり、
人にどう思われているんだろうと悩んだりしていませんか。

私は、個人的な意見ですが、食べ物が挟まる不快感が
辛いです・・・。

すきっ歯は正確には「空隙歯列」や「歯間離開」などと言い現されます。

歯と歯の間にすき間があると、そこへものが詰まったり歯石がたまって
虫歯の原因になったりします。
すきっ歯は歯と歯の間に隙間が開いてしまっている状態です。

すきっ歯になると食べ物が歯の間に挟まってしまい、
食べかすが歯の間につまりやすくなり歯周病や虫歯の原因となってしまいます。

では、何故「すきっ歯」になるのか?

1.顎と歯の大きさのバランスが悪い
2.余分な歯が埋まっている
3.歯の本数が足りない
4.歯周病
5.奥歯がなくなる

悩んでいて、治したいけど、すきっ歯を治すには歯列矯正を
するしかないのかなと考えていませんか。

実は多くの方は以下のような、
歯列矯正以外の方法で治しています。

1.小さなすき間を安く簡単に治したい方はダイレクトボンディング
2.すき間も色も気になる方はラミネートべニア
3.すき間も歯並びも気になる方はオールセラミック
4.マウスピース矯正

以前は歯列矯正しかなかった「すきっ歯」の治療ですが、
現在はセラミックで短期間に治療ができるようになりました。

またマウスピース矯正も
きちんと治せば見違えるほど見た目も、
かみ合わせも変わります。

見た目もその人を表す重要な要素です。

「すきっ歯」でお悩みの方、また気になる方は、
お気軽にお問合せ下さい。

ニュータウン中央歯科室では、スタッフ一同
最高の笑顔でお待ちしております。