歯医者で聞く、CRってなに?

投稿日:2017年2月21日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。
海星会スタッフOです\(^o^)/

歯医者でよく耳にする言葉で、

記号や数字など、どういう意味だろうな~と思っていることは

ありませんか?

今回はその中の一つをご紹介いたします。

まず、「CR」とは、コンポジットレジンのことです。

具体的に何をするのかというと、前歯の虫歯や楔状欠損に対して、

白いプラスチックを詰めて、光を当てて照射します。

歯の表面をまず削り、レジンの接着性を高めます。

レジンとは樹脂のことで、それぞれ色や硬さがあります。

歯医者はその人の色にあった色、歯や部位にあった硬さなどを見て

対応します。

また、CR充填は、唾液に触れると接着効果がおちます。

取れやすかったり、2次虫歯になる恐れがありますので、

しっかりとエアーを当てて乾かしてから、光を当てます。

青い可視光線を使ったものです。

この流れでの治療をしてもらったことがある人は、

結構多いのではないでしょうか。

また、色の種類はA2、A1などと言います。

それぞれの明るさに合わせて微調整しています。

自分がされている治療が、どんな流れで行われているかわかると、

怖い気持ちが、以外と落ち着いて受けられるかもしれません。

また、少しずつご紹介いたしますね。