ストレスで歯が痛くなる

投稿日:2017年2月21日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。
海星会のWです。

歯が痛くて歯科医院に行ったのに、レントゲン写真を撮っても虫歯は見つからない。
他に特に異常もなかったという経験はございませんか?

見た目に異常がないのに、歯が痛む。「非定型歯痛」と呼ばれる
この病態、ストレスの影響が強く疑われるそうです。

ストレスが高まったときには、寝不足や疲れにより、
歯の調子がおかしくなることはよくあることです。
以下のような症状を引き起こす事があるそうです。

・歯ぐきの腫れ
・歯が浮く
・歯ぐきのおできが膨らむ
・口臭の悪化
・虫歯の痛みの再発
・急な歯のぐらつき
しっかり睡眠を取るなど、体調管理に勤めましょう。
風邪への対処と同じ方法で改善します。

しかし、歯に痛みを感じても、すぐには時間を取れない場合もあるかと思います。
そんな時のための、応急処置の方法をご紹介します。

○患部を冷やす
→血行を鈍化させることで、ある程度痛みを抑えることができます。
お風呂に入ったり、辛いものやアルコールを飲食したりなどはお控えください。
逆に血行を良くしてしまい、痛みが強くなります。

○市販の痛み止め
→以下の4つが一般的に良く使用されているかと思います。
新今治水、ロキソニンS、バファリンA 80錠、正露丸
ただ、検査もせずに歯や歯ぐきのトラブルをすぐにストレスに結びつけ、
「ストレスがなくなれば、どうせ自然に治るさ」といった思い込みは、
思わぬ病気を見逃すことにも繋がることもあります。
歯に異変を感じた場合は、
一度歯科医院での検診をお勧め致します。
ニュータウン中央歯科室では、スタッフ一同
最高の笑顔でお待ちしております。

ニュータウン中央歯科室
0476-40-1231